ご相談から公正証書作成までの流れ

難しい表現が多くなりますが、分からないこと

早めに準備を始める事の重要性をご理解ください
誰を受任者(お願いする人)にするかお決めください
受任者への注意を説明します

■ 相談の依頼から公正証書作成までの流れ

制度利用の意向確認→成年後見制度の説明→利用目的の確認→本人の状況確認→利用する制度の決定→任意後見制度
          契約能力の確認
          必要書類の収集
          公証人との打ち合わせ
          公証役場での契約締結

難しい言葉が多くなりますが、分からない時は、理解できるまで何度でも聞いてください。

各専門家と太いパイプがございます。

 

お世話になっているのは、弁護士、司法書士、税理士、会計士、不動産鑑定士、社労士、消費生活アドバイザー、保険会社、役所OB、 警察OB、銀行OB、公証人、不動産会社などです。